2017年9月 | 週間茨城朝日(FPの生活アドバイス)

ホーム > 新聞記事連載中! > 小さな事故でも警察への連絡は必要ですか?

小さな事故でも警察への連絡は必要ですか?

Q

 先日、駐車場に車を停め食事をしていたら隣の車が動き、私の車の後部を傷つけました。相手の運転手は「すいません。後で連絡をもらえますか」と名刺をくれ、電話で修理代を払ってもらう約束をしました。警察に届けませんでしたが問題ないでしょうか?

水戸市 29歳 男性


A

 自動車事故というと、交差点での衝突事故とか、自転車やバイク、歩行者との人身事故とかを思い浮かべますが、ちょっとだけこすられた事故でもれっきとした自動車事故です。警察を呼ぶと、「時間がかかり面倒」とか「免許証の点数が」と、心配で呼びたくない気持ちは分かります。

 でも、どんなさ細な事故でも、車に損傷ができたり、人がけがをしたりした時は、必ずその場ですぐに警察に届けてください。110番です。もらった名刺に電話しても違う人だったら、ということもあり得ます。

 事故の際は次の4点を必ずやってください。
①車を安全な場所に移動(負傷者がいる場合は応急処置)
②警察に電話
③自分の加入している保険会社に電話
④相手の情報を確認(相手の車のナンバー、免許証で住所や名前の確認、電話番号をメモする。
)

 その場ではケガはないと思っても、後でどこか痛くなる場合もありますので、警察には必ず連絡してください。自賠責保険も任意保険も基本的に警察が発行する「交通事故証明書」がないと、保険金の支払いが受けられません。事故を起こした場合の免許証の点数ですが、物損事故はゴールド免許の無事故無違反に影響しませんのでご安心を。

ファイナンシャルプランナー 芝間 美喜夫


スタッフ一同

弊社代表の本が販売中!

FMぱるるんでオンエア中!

新聞記事連載中

最新号ニュースレター

144_1.htmlへのリンク