保険見直しのポイント

ホーム > 保険見直しのポイント

このホームページをご覧の皆さんが「正しい生命保険の保障の見直し」を体験して、 無駄な出費を一気に削減して、節約したお金をご家族の為にお遣いになり、有意義な人生を送ることを、切望いたします。
まず、「生命保険」を理解しましょう。

生命保険とは?

人の生死や健康状態に不測の事態が発生して、預貯金で賄うことが困難な経済状態に陥ったときに、 金銭的負担を軽減してくれる働きを持っている金融商品です。
そう、「商品」なのです。ただの「魔除け」でも「お守り」でもありません。
まず、加入の目的を再確認することが大切です。

明確な目的があってこそ、商品の価値や効果が分かってきます。
(1)定期保険 (2)養老保険 (3)終身保険
この3種類の組み合わせで保険商品が作られています。実際は単純な仕組みです。
基本が理解出来れば、見直しはスムーズに進みます。
しかも自分の思い通りに。

保険を見直す際の「9つのポイント」

1.ライフプランを作成する

必要な死亡保障の額は各々の家庭で違います。納得いくまで担当者と話し合いましょう。 必要保障額を明確にするには「ライフプラン」の作成が必要です。

2.掛け捨てタイプか貯蓄タイプかを再確認する

生命保険契約は、人の一生の中でも、不動産に匹敵するような高価な買い物です。 一ヶ月2万円でも30年掛ければ、払い込み総額は720万円です。掛け捨てタイプか? 貯蓄タイプか? セカンドライフをむかえる際には、大きな違いです。

3.目的にあった保障内容かを確認する

何の為に、いくら払って、どんな保障が付いてきて、どれくらいの期間保障されるのか、 商品内容は確認できていますか?

4.払込期間と保障期間を確認する

「保険料払い込み期間」と「保障期間」の確認は?

5.払込総額と満期保険金を確認する

保険料の払い込み総額と、受け取る保険金の関係は?その関係に納得していますか?

6.転換契約した場合、内容を理解してますか?

転換制度は上手に利用すれば、非常に役に立ちます。しかし理解していないと、 せっかくの「保険」が台無しになってしまうケースも・・・(転換とは、現在のご契約を解約することなく、 その責任準備金や配当金などを新しい契約の一部に充当する方法です)

7.家族の希望にあってますか?

保険商品に悪い保険は存在しません。大切なことは「あなたの家庭に合っているか? あなたの希望に合っているかどうか?」なのです。

8.更新型のメリットとデメリットを理解してますか?

「更新」が近づいているあなた、なぜ「更新」と言うものが存在するのでしょうか? なぜ「更新型」を選んで加入したのでしょうか?更新型にもメリットとデメリットがあります。

9.保険以外の金融商品を把握してますか?

特に生命保険に加入しなくても、既に備わっているものの存在を理解していますか? つまり社会保険や国民保険、厚生年金、国民年金など公的な保障制度ですね。サラリーマンは、 毎月お給料から天引きされていますよね。高額療養費制度、傷病手当金、遺族年金、結構手厚いです。 保険設計の際は必ず考慮しましょう。

上記のようなポイントを考慮して見直しを考えてみると良いと思います。ポイントは加入する人の状況によって 常に変化します。ファイナンシャルプランナーと一緒にライフプランを明確にしながら見直し案を考えることが一番の近道。 ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

トップページに戻るページトップに戻る

富士火災の海外旅行保険

FMぱるるんでオンエア中!

新聞記事連載中

最新号ニュースレター

弊社代表の本が販売中!