事業保障

ホーム > 事業保障

事業のリスクと保障の重要性

もし、社長に万一があった場合、どんなリスクがあるのでしょう。

短期借入金(1年以内)/長期借入金(1年超)/買掛金

これらの返済を金融機関や取引先から迫られることがあります。

半年間の運転資金

社長の交代により売り上げが減少したり、従業員が退職したりすることも起こり得ます。 従業員の退職金や、新規採用の費用なども必要となります。

社長の死亡退職金、弔慰金

遺族が安心して生活できるだけの金額を残してあげたいですね。

自社株買取り資金

相続財産のほとんどが自社株や不動産で換金性に乏しいものであるケースが多いです。 自社株は簡単に売却できるものではないし、もし第三者に売却すれば経営権を失う可能性も出てきます。 会社が自社株を買い取る資金を用意しておく必要があります。

これらのリスクをひとつひとつシミュレーションして、必要な金額がどのくらいか把握しておくことが重要です。株式会社IFPでは、会社のライフプランを制作し、適格なアドバイスを行っております。 詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。

富士火災の海外旅行保険

FMぱるるんでオンエア中!

新聞記事連載中

最新号ニュースレター

弊社代表の本が販売中!